子育て支援室「みそのもくもく」とは?

 もくもくとは、木のおもちゃを中心に遊びの環境を整え、木々の温もり、優しい手触りを感じながら遊ぶこと、子どもたちが“もくもく”と遊ぶことを意味しています。もう一つは、保護者の方が、この時間だけは子どもの様子を“もくもく”見てほしい、この場だからできる子どもとの時間を大切にしてほしいという願いが込められています。

 2年生卒業研究「子育て支援」を選択した学生がスタッフとして、子どもと保護者との関わりを通して、実践的な子育て支援方法を学んでいます。年間8回開催しており、0歳〜6歳までの子どもと保護者が対象です。
 令和3年3月に、新しくライネルス棟1階に「子育て支援室」ができました。みそのもくもくは、新しい環境で子育て支援実践を継続します。