令和元年度  事業報告書

学校法人聖園学園 令和元年度 事業報告書
(平成31年4月1日から令和2年3月31日まで)

T.法人の概要
 学校法人聖園学園は、キリストの教えに基づき、真理を求め、人を愛して生きる人生に生き甲斐を感じる人間を育成することを教育理念として、大正9年(1920年)秋田市に保育所「聖心園」を開設したことに始まり、現在、聖園学園短期大学及び幼保連携型認定こども園聖園学園短期大学附属聖園幼稚園を設置しているほか、平成28年度より新たに聖園学園短期大学附属みそのベビー保育園を設置しています。本法人の母体となっているのは、神奈川県藤沢市に本部がある修道会「聖心の布教姉妹会」であって、教育事業としては、短期大学の他に高等学校、中学校、認定こども園等を、福祉事業としては、保育所や児童養護施設等を全国にわたり設置しています。
 聖園学園短期大学は、昭和15年(1940年)聖園保母学園を設立したことに始まり、昭和41年(1966年)に短期大学(保育科)の設置認可を受け、保育科総定員200人の短大として発足しました。本学は、カトリックの精神に基づき真理を求め、人を愛して生きる人生観を基礎として、高度な教養と幼児教育者としての必要な知識と技能を授けることを目的としています。

1 設立年月日
 昭和29年9月27日

2 設置する学校等及び入学定員、総定員、現員数
(令和元年5月1日現在)
設置学校名 学部・学科名 入学定員 総 定 員 現 員 数
聖園学園短期大学 保育科 100 200 247
幼保連携型認定こども園聖園学園短期大学附属聖園幼稚園     170 172
聖園学園短期大学附属みそのベビー保育園     70 63

令和元年度聖園学園短期大学の募集人員、入学者数、卒業者数、就職者数等
募集人員 志願者数 合格者数 入学者数 卒業者数 就職者数 進学者数
100 132 127 122 122 118 2

3 設置する学校等の所在地
 〒010−0911   秋田県秋田市保戸野すわ町1−58
 学校法人本部事務局、聖園学園短期大学
 幼保連携型認定こども園聖園学園短期大学附属聖園幼稚園
 聖園学園短期大学附属みそのベビー保育園

4 教職員の概要(令和元年5月1日現在)
設置学校等名称 教  員 職  員
学長 教授 准教授 講師 助教 教諭 非常勤
講師
兼務 本務
聖園学園短期大学 1 3 4 3 1 21 33 8 8
聖園幼稚園 15 9 24 2 2
みそのベビー保育園 23 23
合  計 1 3 4 3 1 15 30 57 33 33
※幼稚園:教諭の中に園長1含む 保育園:本務職員の中に園長1含む

5 役員の概要(令和2年3月31日現在)
理事定数5名 現員5名
理事長 青木 光子(宗教法人聖心の布教姉妹会総長)
理 事 市川美代子(みそのホーム施設長)
理 事 門戸 美智(聖園学園短期大学学長)
理 事 根布谷 豪(聖園学園短期大学事務局長)
理 事 桃田 清明(本荘カトリックこども園園長)
監事定数2名 現員2名
監 事 永山  誠(カトリック秋田教会主任司祭)
監 事 横山 史子(宗教法人聖心の布教姉妹会総会計)

6 評議員の概要(令和2年3月31日現在)
評議員定数11名 現員11名
青木 光子  江成 道代  市川美代子  門戸 美智  根布谷 豪  永井 博敏
橋アヤ子  安田 敦子  嵯峨 利昭  桃田 清明  近藤 弘子

U.事業の概要
1 今年度の事業の概要
 秋田県は、少子高齢化に伴い人口の減少が顕著であり18歳人口の減少が進んでいます。さらに、2007年度と2008年度において県内他大学に保育士養成コースが設置されたことなど、本法人を取り巻く環境は厳しさを増しています。
 こうした情勢のもとで、教育研究環境の充実向上及び施設設備の充実を図って行くためには、何よりも財政基盤の安定が重要であるとの認識のもとに、例年と同様収支の不均衡が生じないよう財政の健全化に努めることを基本方針に事業計画を策定しています。
 聖園学園短期大学においては、短大の持っている教育資源を活用する社会貢献活動として、秋田県と連携して、保育士等の専門性の向上を図ることを目的とする公開講座を実施しました。学内行事としては、「いのちの大切さ」についての講演会、キリスト教行事である「み心のミサ」、「クリスマスミサ」、「卒業感謝のミサ」のほか学外研修、学園祭、アンサンブルフェスティバルなどを実施しました。そのほか、保育者としての意識の向上やスキルを習得するための初年次・キャリア教育や実習受け入れ先の指導者との実習懇談会を実施しました。
 聖園幼稚園においては、教育・保育環境の充実を図るため、課外活動、特別支援教育事業、一時預かり・延長保育事業、子育て支援事業、職員研修、自園給食と食育活動等の各種事業を実施しました。
 みそのベビー保育園においては、家庭と共に子どもを健全に育てていくことを目標に、運動会、クリスマス会、誕生会、野菜作り、園外保育、豆まき、ひな祭り、園内研修、子育て支援事業、地域交流事業、職員研修等の事業を実施しました。

2 今年度の主な事業の目的・計画及び進捗状況
[聖園学園短期大学]
(1)公開講座等の開催
 短大の持っている教育資源を活用する社会貢献活動として、秋田県と連携して、保育士等の専門性の向上を図ることを目的とする公開講座を実施しました。処遇にも反映するキャリアアップ対象講座として「幼児教育講座T・U」、「乳児保育講座T・U」、「保護者支援・子育て支援講座T・U」を開講し、6講座に延べ874人の保育者が受講しました。また、コンソーシアムあきたの主催する「高大連携授業」に本学教員5名が講師として「楽しく学べる保育入門」の講義を行い、多数の高校生が参加しました。
(2)学内行事等の実施
 6月に「小さな命を守る会」会長の辻岡健象牧師による人を大切にするということを学生に理解してもらうための「いのちの大切さについて」の講演を実施しました。また、キリスト教行事であるミサについては、6月には「み心のミサ」、12月には「クリスマスミサ」、3月には「卒業感謝のミサ」を実施しました。そのほか、運動競技・パフォーマンスを中心とした学外研修、保育士養成校の特性を活かした保育・子育て支援などのボランティア活動、聖園祭、アンサンブルフェスティバルなどの学生を中心とした行事を実施しました。
(3)初年次・キャリア教育等の実施
 初年次教育については、新入生の基礎的学力と基礎的学習スキルを確実に身につけさせ、短大生活のスタートをスムーズに行えるようにするため、平成22年度から実施しています。今年度は、新たに、学生生活を始めるにあたって、一人一人が学友と良好な人間関係を構築し、仲間意識や信頼関係を築く機会とすることを目的としたCCE研修を実施しました。このほか、ポートフォリオ、レポートの書き方、児童福祉施設等の見学、観劇、卒業生による講演会等の活動を実施しました。
 キャリア教育については、保育者としての意識の向上につながるスキルを習得するため、2年生を対象に外部講師による職業講座を開催したほか、県の私立大学等即戦力人材育成支援事業を活用し、6月に県内保育関係施設合同説明会を開催しました。
 また、毎年、卒業後のケアの一環として、前年度に卒業した学生を対象に「卒業生の集い」を開催しており、本学教員による講話、情報の交換等を通じて職業人としての意識の向上に繋がっています。今年度は7月に開催し、34名の参加がありました。さらに、保育者としての意識・意欲の向上やスキルアップを図ることを目的として、「保育スキルアップ講座」を11月に開催し、60名の参加がありました。
(4)実習懇談会の実施
 教育実習・保育実習・施設実習は、短大で学んだ知識や技能を保育者の指導の下、現場で体験する実習として極めて重要であるため、実習受け入れ先の指導担当者と本学職員が学生の実習状況について毎年懇談会を実施しています。今年度は県北地区の開催で、11月に大館市と能代市で実施しました。
(5)秋田県補助事業「私立大学等即戦力人材育成支援事業」
 県内産業の即戦力となる専門人材を育成するとともに、優れた人材の県内定着を図るため、県内私立大学等が実施する企業ニーズを踏まえた実践的な教育活動や、県内就職促進のための取組等を支援する秋田県の補助事業「私立大学等即戦力人材育成支援事業」に、本学から「保育科学生の即戦力育成プロジェクト」、「県内就職プロジェクト「秋田で働く」」、「秋田で輝く“モノ・コト・ヒト”と学ぶ聖園のふるさと」、「保育・幼児教育の視点から人口減少対策研究−「保育立県秋田」を目指して−」の4事業が採択され、総事業費は579万円、補助金は481万円でした。
(6)施設・設備関係
 教育環境の充実のため、南門の改修工事費として864万円支出しました。教育研究用機器備品として、印刷機1台、図書館用外部公開サーバー1式、教職員用パソコン19台、管理サーバー1式を1,361万円で購入しました。管理用機器備品としては、教職員用パソコン4台、物置を122万円で購入しました。
(7)図書館の運営
 図書購入費については、予算額150万円を計上し、図書581冊、視聴覚資料等47点を購入しております。寄贈図書172冊、寄贈視聴覚資料等10点と合わせ年度末図書財産は、1億7,848万円となりました。

[幼保連携型認定こども園聖園学園短期大学附属聖園幼稚園]
(1)課外活動
 5歳児を対象に聖園短大の英語教師による英語教室を8回行いました。プロジェクターで映像を使って、歌や音楽リズムにあわせて楽しみながら英語に触れることができました。また、運動する楽しさを身につけ、運動能力の向上と身体的発達を目的に4歳児と5歳児を対象に今年度も体育教室を各学年8回行いました。体育教室の運動あそび等を経験し豊かな育ちに役立っています。
(2)特別支援教育
 今年度、支援を必要とする園児が2名在園していました。担任と専任の教育補助が関わり成長のために取り組みました。2名とも年長児だったため、お泊り会の参加や運動会の参加も他の子どもと共に園生活を一緒に楽しめるよう支援しました。また、就学に向けての様々な取り組みを行いました。
(3)一時預かり保育・延長保育
 保護者の多様な生活スタイルに伴い、年々預かり保育を利用する子どもが増えてきております。今年度の一時預かり保育の利用者は、平日の年間延べ人数は4,059人で、そのうち長期休業日の延べ人数は853人、土曜日の延べ人数133人でした。午後7時まで(土曜日のみ6時半まで)の延長保育は、延べ182人でした。
(4)子育て支援
 未就園の子どもとその保護者を対象に、親子の集いの場として「ぽっぽちゃんくらぶ」を年7回開催しました。参加者は、105人でした。同年齢の子どもと遊ぶ喜びを味わったり、保護者同士の子育ての悩みなどを話しあったりして交流することができました。また、在園児と一緒に運動会への参加なども行い、今後の入園への期待につながる活動となりました。
(5)職員研修
 日本カトリック教職員研修大会(岡山大会)、新潟教区カトリック研修会にそれぞれ2名ずつ参加し、カトリック教育の大切さとカトリック園で働く職員としての自覚を再確認する機会となりました。今年度も、専門分野に関してリーダー的な役割を担う職員の育成のためキャリアアップ研修に11人の職員が各分野の研修を受講しました。
 また、新規採用者研修(年7回)に1名と中堅教諭等資質向上研修(年7回)に1名、3年経過者研修に1名参加し、職員の資質向上を図りました。
 園内研修では、「幼児期の終わるまでに育ってほしい10の姿」を重点に研修会を行い、子どもの成長のために保育者相互が研究、意見交換し保育者の質を高めることができました。
(6)自園給食と食育活動
 自園の給食も順調に行われております。旬の食材を使った献立を食べたり、季節の行事食を味わったりするなど給食を通して子どもたちの心と体の健全な育成に役立っています。また、年長児が野菜の栽培を行い、収穫までの過程を体験することができ、食べ物を作る大変さや食べ物への感謝の気持ちを持つことができ食育に役立ちました。
(7)施設設備
 屋上の防水、排水を整えるため修繕工事を行いました。工事費は、2,656万円でした。保育室のエアコンが不具合となり、室内機の修繕工事を83万円で行いました。同時に運転時間1万時間経過のため室外機の定期部品交換を77万円で行いました。消防設備点検で防火扉の不具合を指摘され、1階、2階の防火扉調整修繕工事を12万円で行いました。遊戯室に液晶プロジェクターを132万円で設置し、英語教室などの教育活動のために活用しました。放送用カセット・CDが老朽のため使用不可となり20万円で交換設置しました。玄関の天井内部構造のズレのためアスベスト調査を含む工事を61万円で行いました。防犯用に玄関インターホン設置し、事務室と子機2台で外来者を確認できるようになりました。工事費は19万円でした。応接セットが老朽し、テーブルと椅子6脚を120万円で設置しました。客用トイレが老朽のため、便座交換工事を29万円で行いました。保護者会からの卒園記念寄付として空間除菌機2台を25万円で設置し、感染症対策に役立ちました。

[聖園学園短期大学附属みそのベビー保育園]
(1)行事関係
 保護者の就労のために、家庭と共に子どもを健全に育てていくことを目標に、次の年間行事を行いました。保護者参加は、運動会、クリスマス会のみとし、家族で楽しめるプログラムを企画して土曜日の午前中に実施しました。また、毎月行われる誕生会のほか、野菜作り、園外保育、豆まき、ひな祭りは、年齢別のクラス単位で行い、保護者には連絡ノートやクラスだよりでお知らせしました。特に、毎月配布される写真入りのクラスだよりは好評でした。
(2)子育て支援
 0歳から2歳までの未就園児対象の「ぽっぽちゃんくらぶ」を年4回実施しました。ほとんどが0歳児とその母親で、一緒に0歳児の保育室で遊んでもらいながら、保育園での離乳食、完了食、睡眠についての情報提供を行いました。
(3)園内研修
 大津市の事故を受けて、全職員で普段利用している散歩経路及び公園等の安全確認を行いました。その後、秋田中央警察署巡査長の同伴による散歩コースの危険箇所のチェックや、歩道の歩き方、散歩歩道の渡り方について指導を受け、危機管理マニュアルの見直しと安全計画について園内研修を行いました。
(4)地域交流
 秋田県シルバー人材センターの依頼を受け、主任保育士が「高齢者スキルアップ・就職促進事業」の保育補助員を目指している技能講習者を対象に行われた講習会の講師を務めました。参加者の中から2名の園内見学と2日間の保育実習を受け入れました。また、地域の学校教育活動に協力する目的で、中学2年生3名の職場体験学習を受け入れました。
(5)職員研修
 分野別専門リーダー育成を目的としたキャリアアップ研修に、12名参加しました。また、年間3回の5年経験者研修に1名、新潟教区主催のカトリック職員研修に2名、秋田市内で開催された新任研修や各種研修会に4名参加し、資質向上に努めました。
(6)施設設備
 よりよい保育環境を創造するため、2歳児用物入れ1名分増設し工事費は10万円でした。また、機器備品としてデジタル体重計、ノ−トパソコン3台、投光器を購入し、総額は80万円でした。
(7)漏水事故復旧
 5月に漏水事故が発生し、施設設備や消耗品等が毀損しました。平成28年度の園舎増改築工事施工業者(大林組東北支店)が全額補償し、8月までに全て復旧しました。

V.財務の概要
 以下に記載した財務の概要は、学校法人会計基準に基づき作成した計算書類を要約したものです。

資金収支計算書
(収入の部) (支出の部) (単位:千円)
科  目 予 算 決 算 差 異 科  目 予 算 決 算 差 異
学生生徒納付金収入 275,018 275,019 △1 人件費支出 344,079 343,834 245
手数料収入 3,987 3,949 38 教育研究経費支出 98,246 97,090 1,156
寄附金収入 301,519 301,400 119 管理経費支出 50,903 48,588 2,315
補助金収入 301,168 303,974 △2,806 施設関係支出 10,801 10,714 87
資産売却収入 966,308 966,309 △1 設備関係支出 20,558 20,190 368
付随・収益事業収入 17,486 16,218 1,267 資産運用支出 1,049,815 1,049,475 340
受取利息・配当金 20,385 14,331 6,054 その他の支出 34,619 38,489 △3,870
雑収入 17,194 17,235 △41 [予備費] 1,831 ——— 1,831
前受金収入 96,792 69,385 407        
その他の収入 68,589 67,541 1,048        
資金収入調整勘定 △96,903 △100,001 3,098 資金支出調整勘定 △4,059 △7,260 3,201
前年度繰越支払資金 170,528 170,529 ——— 翌年度繰越支払資金 508,278 504,772 3,506
収入の部合計 2,115,071 2,105,892 9,179 支出の部合計 2,115,071 2,105,892 9,179

* 経常的な収支について
(1)収入の内、学生生徒納付金収入及び補助金収入は、法人の基幹的な収入であり大きな部分を占めています。幼児教育の無償化等により昨年度に比べ減少しました。
(2)補助金収入は、幼児教育の無償化により昨年度に比べ増加しました。
(3)寄付金収入は、本法人の母体である聖心の布教姉妹会から、短大の体育館増築・改修工事費用として3億円の寄附があったため増加しました。
(4)人件費支出は、給与改定、定期昇給、保育教諭・保育士の処遇改善等による増加はありましたが、退職金の減少により昨年度に比べ減少しました。
(5)資産売却収入及び資産運用支出は、国庫債券の売却及び新規購入により昨年度に比べ増加しました。

* 施設・設備関係の支出について
(6)施設関係支出の主なものは、短大の南門改修工事に要した費用です。
(7)設備関係支出の主なものは、短大では、印刷機1台、図書館用外部公開サーバー1式、教職員用パソコン13台、管理サーバー1式、物置など、幼稚園では、テーブル1台、椅子6脚など、保育園では、デジタル体重計、ノ−トパソコン3台、投光器などの購入に要した費用です。

* 財務関係の収支について
(8)その他の収入の主なものは、施設引当特定資産からの取り崩し収入2,300万円、退職金財団や県補助金の前期末未収入金収入が4,454万円です。
(9)資産運用支出は、総額10億4,947万円のうち満期償還や売却に伴う買い換え分の支出が9億6,630万円で、新規の支出が8,317万円です。

事業活動収支計算書
(単位:千円)
科  目 予  算 決  算 差 異 科  目 予  算 決  算 差 異
(教育活動収支)       予備費 568 ——— 568
教育活動収入計 916,372 617,815 298,557 基本金組入前収支差額 412,683 380,949 31,734
教育活動支出計 573,928 570,452 3,476 基本金組入額合計 △31,150 △19,989 △11,161
教育活動収支差額 342,444 47,363 295,081 当年度収支差額 381,533 360,960 20,572
(教育活動外収支)       前年度繰越収支差額 35,208 70,024 △34,816
教育活動外収入計 20,385 14,331 6,054 基本金取崩額 0 0 0
教育活動支出計 0 0 0 翌年度繰越収支差額 416,741 430,985 △14,244
教育活動収支差額 20,385 14,331 6,054        
経常収入 936,757 632,146 304,611 (参考)      
経常支出 573,928 570,452 3,476 事業活動収入計 987,581 951,803 35,778
経常収支差額 362,829 61,694 301,135 事業活動支出計 574,898 570,853 4,045
(特別収支)              
特別収入計 50,824 319,656 △268,832        
特別支出計              
特別収支差額計              

(1)令和元年度の事業活動収支は、事業活動収入が9億5,180万円に対し事業活動支出が5億7,085万円で、収入が3億8,095万円上回りました。基本金組入額1,999万円を差し引いた当年度事業活動収支差額は、3億6,096万円の収入超過となりました。
(2)主要財務比率について
項  目 27年度 28年度 29年度 30年度 元年度
人件費比率(経常収入に対する人件費の比率) 49.0% 48.7% 55.1% 54.7% 54.2%
教育研究経費比率(経常収入に対する教育研究経費の比率) 19.1% 19.6% 20.8% 25.6% 23.9%
管理経費比率(経常収入に対する管理経費の比率) 6.5% 9.9% 10.1% 11.4% 12.1%
経常経費依存率(学生納付金に対する事業活動支出の比率) 161.3% 181.7% 197.3% 197.7% 207.6%
学生納付金比率(経常収入に対する学生納付金の比率) 46.3% 46.5% 43.9% 46.4% 43.5%

貸借対照表
(単位:千円)
科 目 本年度末 前年度末 増 減 科 目 本年度末 前年度末 増 減
固定資産 3,125,801 3,097,228 28,573 固定負債 78,456 79,443 △987
有形固定資産 1,877,280 1,928,270 △50,990  退職給与引当金 78,456 79,443 △987
 土地 474,476 474,476 0 流動負債 87,922 127,746 △39,824
 建物 1,112,729 1,167,154 △54,425  未払金 7,260 33,689 △26,429
 構築物 55,491 56,164 △673  前受金 69,385 86,066 △16,681
 教育機器備品 43,250 42,124 1,127  預り金 6,765 5,894 871
 管理機器備品 9,410 8,866 544  修学旅行等預金 4,512 2,097 2,415
 図書 178,485 176,973 1,512 負債の部合計 166,378 207,189 △40,811
 車輌 1,473 2,512 △1,039 基本金 3,054,148 3,034,159 19,989
 建設仮勘定 1,966 0 1,966  第1号基本金 2,872,148 2,861,159 10,989
特定資産 439,149 462,149 △23,000  第3号基本金 142,000 142,000 0
その他の固定資産 809,372 706,809 102,563  第4号基本金 40,000 31,000 9,000
流動資産 525,710 214,145 311,465        
 現金預金 504,772 170,529 334,243 繰越収支差額 430,984 70,024 360,960
 未収入金 13,934 40,670 △26,736 純資産の部合計 3,485,133 3,104,183 38,950
 その他 7,004 2,946 4,058 負債及び純資産の
部合計
3,651,511 3,311,373 340,138
資産の部合計 3,651,511 3,311,373 340,138

(1)資産の部
 次年度当初の支払に要する流動資産が増加したこと等により、合計で3億4,014万円増加となりました。
<有形固定資産>
 建物、構築物、機器備品の減価償却により、合計では減少となりました。
<その他の固定資産>
 増加の主な理由は、有価証券の増額によるものです。
<流動資産>
 現金預金は、短大の体育館増築・改修工事の支払に要する次年度当初の支払い見込みにより、昨年度に比べ増加しました。
(2)負債の部
<固定負債>
 退職給与引当金は、昨年度に比べ減少しました。
<流動負債>
 前受金は、短大の入学者の減少により、昨年度に比べ減少しました。
(3)純資産額
 有価証券の増額による固定資産の増加及び短大の体育館増築・改修工事に要する資金として、聖心の布教姉妹会からの寄付金3億円を受納したことによる流動資産の増加により、資産合計から負債合計を控除した純資産額は34億8,513万円で、昨年度に比べ3億8,095万円の増加となりました。

財産目録
(令和2年3月31日現在)
T 資産総額 3,651,510,860円 (内 基本財産 1,877,279,650円 運用財産 1,774,231,210円)
U 負債総額   166,378,046円
V 正味財産  3,485,132,814円
[1]資産額
1 基本財産
  土地 秋田市保戸野すわ町1075番1 他 11,519.28m2 474,475,993円
  建物 校舎・管理棟等・附属幼稚園舎・附属みそのベビー保育園舎 8,463.44m2 1,112,729,043円
  図書 68,176冊 178,484,930円
  教具・校具・備品 机・椅子・ピアノ・オルガン・パソコン 他 3,141点 52,660,850円
  その他 構築物・車輌(附属聖園幼稚園)・建設仮勘定(短大) 58,928,834円
2 運用財産
  現金・預金 504,771,719円
  その他 特定資産・有価証券・貯蔵品(販売用品)・電話加入権 他 1,269,459,491円
資産総額 3,651,510,860円
[2]負債額
1 固定負債
  退職給与引当金 78,455,571円
2 流動負債
  未払金・前受金 その他 87,922,475円
負債総額 166,378,046円
[3]借受財産
  土地  附属聖園幼稚園車庫 (社会福祉法人みそのから無償借用) 189.15m2  
正味財産(資産総額−負債総額) 3,485,132,814円

監査報告書

令和2年5月18日

 学校法人聖園学園
  理事長  青木 光子  殿

学校法人聖園学園
監事  飯野 耕太郎 (印)
監事  小笠原 京子 (印)

学校法人聖園学園の令和元年度(平成31年4月1日から令和2年3月31日まで)における会計制度の整備及び運用の状況並びに資金収支計算書、活動区分資金収支計算書、事業活動収支計算書及び貸借対照表並びに学校法人の教学面を含めた業務執行状況について監査したところ、適正であることを認めます。

1 会計制度の整備及び運用は、関連する法令及び通知に従い正しくなされ、適正であると認めます。

2 資金収支計算書及び活動区分資金収支計算書は、関連する法令及び通知に従い、当法人の収入と支出の状況を正しく示しているものと認めます。

3 事業活動収支計算書は、関連する法令及び通知に従い、当法人の収入と支出の状況を正しく示しているものと認めます。

4 貸借対照表は、関連する法令及び通知に従い、当法人の資産と負債の状況を正しく示しているものと認めます。

5 学校法人の教学面を含めた業務又は財産に関し不正の行為又は法令もしくは寄附行為に違反する重大な事実はないと認めます。