地域連携

保育科学生の即戦力育成プロジェクト

 秋田県の少子高齢化が急速に進んでいる中で、世間の子育ての期待が非常に高く持たれている。育児情報の氾濫による誤りのある情報の流出や、地域の人間関係の希薄化、核家族等による子育てに関するコミュニケーションの不足など子育てに関する不安・ストレスを抱えている家庭が増加している。質の高い保育者を育成するためのひとつとして、子育て支援の能力が求められており、地域の子育て支援センターと連携し、子育て家庭と学生との直接的な関わりを通して、保育の学びと子育ての広がりに繋げられるような活動をしていく。
本学で行われている子育て支援室「もくもく」
令和元年度から月1回開設されている
◎主な連携組織
秋田市・横手市・湯沢市・鹿角市の地域子育て支援センター

授業科目「保育相談支援」

◎授業目的
子育て支援の現場体験や実践事例を通して、子育て支援の内容、方法及び技術を身につけ、学生の保育者スキルを育てる。
◎授業内容
学生が実際に子育て支援センター等の現場に行き、子育て支援センター職員や利用者との関わりから、子育て支援の専門的理解を深め、実践的な方法・技術を身につける。
◎主な連携組織
秋田市、横手市、潟上市、湯沢市、大仙市役所、由利本荘市社会福祉協議会、鹿角市子ども未来事業団、秋田県児童会館、社会福祉法人 石脇福祉会 子育て支援センターあいあい、NPO法人子育て応援Seed